あがり症の克服はあがり症経験者の経験が役立つ

009-20151108-225323

009-20151108-225323これまで、あがり症を克服するために藁にもすがりたい思いで色々な方法を探しまわった。試してみた。でも上手くいかない。このサイトを訪問されている方は、そんな方が多いでしょう。

あがり症は治そうとすればするほど、調子がわるくなる。一体どうしたらこの苦しみから抜け出せるのかと、先行きの見えない不安と焦りで一杯になるという特徴もあります。

逆説的な言い方ですが、「あがり症」は治そうとするほど逆効果。そのことに気づいていますか?あがり症を治すためには実はコロンブスの卵と言えるような簡単なコツがあります。簡単な事が重要だと気づき身に付ければ、克服はできます。

アナウンサーの西村さん

元NHKアナウンサーの西村さんは、全国のあちこちであがり症に苦しむ人たちに講演して回っています。あがり症の苦しみを解決する方法を紹介します。ある方法を1日3分実行すると、早い人ではその日から、遅い人でも30日ほど実践するとあがり症が驚くほど和らいでいくのを感じ、人前で話せるようになるという方法です。そんな上手い話があるわけがないと思人もいるでしょう。

確かに3分の実行で治るなんて、とても今の状況では考えられないことです。しかし、3分の実行で人前で話せるようになるのかどうかをあれやこれや考える前にあがり症の本質は何かということを知ることが重要です。紹介する色々なあがり症克服法の一つは元NHKアナウンサーの西村順氏が長い間あがり症に悩み苦しんだ経験から作り出した方法です。

アナウンサーがあがり症で苦しむなど信じられないでしょうが事実です。現在、西村氏は全国を回りながら、あがり症で困っている方に話し方とあがらない方法とを教えています。西村さんの方法は1日3分のトレーニングをすれば、人前で自信を持って話せるようになるという方法です。話し方講師として11,0613人を超える人に直接指導してきて実際に効果があり、誰にでもできる簡単な方法。

これは単に、話し方教室やスピーチ教室で行っている、あがり症を改善する方法ではありません。そういう方法は、たとえ一時的に改善されても、多くの場合すぐ元に戻ってしまいます。何故、元に戻るかというと、そういった教室では「話し方」や「スピーチ」の技術に重点を置き過ぎているからです。

「あがる」という事の本質を考えない単なる「話し方」の技術を身に着けても、あがり症は良くならないのです。あがり症克服のための2つの提案がこちらから確認できます。西村さんの言うように、あがり症は病気ではありません。このことは森田療法で言っている通りです。あがり症は捉われで起こってくる心の悪循環です。医者やカウンセラーに頼りきっていても「あがり症」の苦しみは解決できません。

西村順さんのあがり症克服法は、あがり症の本質に基づいた克服法です。本質に基づかない方法は効果があったとしても一時的なものです。根本的に解決方法を探しているのではありませんか。単に話し方教室に通っても駄目なんです。

西村氏の教えだけがあがり症を治すと言うわけではありません。手探りでも苦しい道を進む気があるなら、森田療法の教えを守り実践すれば治ります。それとも人と話すことのプロが自分のあがり症を克服した改善法を試してみるのも良いでしょう。

あがり症克服講座の受講者の声

保育園時代から25歳までずっとあがる事に苦しんできた女性の体験談が載っているので読んでみて下さい。思わずそうだそうだと共感して頷くような事がかかれています。本当はわかっていることでも、学校で先生に当てられると上がってしまって頭が真っ白になって、答えられない。

そんなに長い間、あがり症に苦しんできた女性が西村順氏のあがり症講座受講をきっかけに、あがらなくなっているという嬉しい報告が載っています。その他にもたくさんの声があります。こちらから受講生の声を読んでみて下さい。西村さんであれ、誰であれあがり症を克服した人には共通点があります。そのことについてこのサイトでも触れていきましょう。

正直、こういう種類の講座は受講生の理解力、実践力がかなり影響し、実践をしてみてどうだったかの自己評価も相当の違いがあるのが普通です。悩みの解決は解決できるまでのレベルに達していないと難しい。そういう意味である人には素晴らしくても別の人にはそうでもないというのが、心の悩み解決法に対する普通の評価です。そういうことを念頭に置いておかないとどんな本でもダメとなってしまうかもしれない。

私の体験

私もあがり症で苦しんでいたので、あがり症のつらさは良くわかります。大事な場面で頭が真っ白になってしまい、何度もパニック状態を経験しました。そのたびに「失敗した」という挫折感を味わっていました。堂々と立派に話している同年齢の人を見ているだけで、自分が情けなくて劣等感の塊になっていました。そして毎日、今日もあがるのではないかという予期不安におののいていました。私の転機は森田療法の教えです。

森田療法を指導してくれる病院に1か月間入院して実践を積みました。西村順さんの考え方は森田療法に通じるところが沢山あります。あがり症という同じ悩みを抱えている方にとって、西村順さんのあがり症克服講座は福音です。
治ってしまえば悩んでいたことはまるで夢のようです。しかし、勘違いする人が必ずいるはずですから改めて断言します。治ったといっても何事にも動じない気持ちを持てるようになるわけではありません。

あがることに捉われなくなったあるいはあがることに関心がいかなくなったという方が正確な表現です。話し方を習っていない、話す経験が少なかった、あがる事だけを心配して、準備に集中できていなかったことにも起因しています。精神安定剤の力を借りることもあるかもしれませんが、そこに留まっていては、根本的な解決にはなりません。西村順さんのコロンブスの卵とでもいうべき方法で、あがり症から抜け出すきっかけをつかみませんか

コメントを残す